水サーバーの種類比較

一人暮らしだと選択肢も狭まることは事実ですが料金の上限をあまり考えないのであれば好きな水サーバーを選ぶのが一番。選ぶ前に水のサーバーはどういう種類があるのかを意外とどこも解説していない情報を中心に紹介していきます。

宅配系ウォーターサーバー

水サーバーといえばまあ第一に思い浮かぶこと間違いなしの宅配系のウォーターサーバー。利用までの流れは注文後、1週間程度で自宅にサーバーとお水が届き設置して1時間ほど冷水と温水ができあがるのを待つ。その後はいつでも利用可能で利便性が抜群です。

宅配系のウォーターサーバーはほぼノンストレスですが、たまに追加の水を頼み忘れるとイライラすることはありますね。通常ウォーターサーバー会社は宅配日を週何回かしかやっていませんので水を頼むタイミングが難しい。これみんな思っていると思う。

あとは、空ボトルを回収型の宅配サービスとゴミ箱にすぐ捨てられる形式のサービスが主流でしょう。

天然水の種類

天然水の種類で主流となるのは「九州」「富士山」「京都」の天然水の品質が高く人気メーカーはこのあたりを抑えているところが多いです。

北海道の水や海洋深層水やハワイの水などこだわった天然水も各社用意しているので、あまりないかとは思いますが好きな名水がある場合はその名水でウォーターサーバーを探すといいかもしれません。

天然水のメリットは多くのミネラルを含むこと。好みの面もありますが天然水をRO膜で浄化してしまっているメーカーもいます。採水地は確かに名水ではありますがRO膜を利用する事にほぼ真水になるのでこのあたりはよく検討された方が良いです。

水道水に直結させる本格浄水器系ウォーターサーバー

浄水器は水道の水をただ綺麗にして飲み水にという発想の機械ですが、業務用レベルの浄水器&ウォーターサーバーがあります。

水道の蛇口から水をウォーターサーバーに一度流し込み、ウォーターサーバー内に内蔵された浄水経路をとおり、人口的なミネラルも加えられた水が完成するというウォーターサーバーです。

購入するとお高いですがこちらもレンタル形式で貸し出してくれるところはあります。

メリットとしては宅配する必要もなく水が飲めるという点でしょう。

宅配系ウォーターサーバと比べると、どうしても「水道水」というイメージがあるのであまり流行っていないようですが品質は高い水が飲める。

個人というよりも業務用として使うのにはこちらが最適な気がしますね。

宅配型が総合的には優れている理由

宅配型のウォーターサーバーは水サーバー市場ではTOPをひた走っています。 数千億市場ともいわれているのでTOP企業の売り上げはすごい。上場企業もいますのできになるかたは決算等見てもらえればどの程度かわかります。

ウォーターサーバーの重要なポイントとして機械の性能の進化があると思います。やはり流行っているだけあって競合が1000社くらいいると思うのですが、競争が行われているのは事実です。性能面、デザイン面、価格面でウォーターサーバーの争いは激化していると言えます。

利用者からするとこれは良いことで、便利だからといって手の届かない価格設定をしても売れませんので手ごろな値段でおいしい天然水が自宅に届くようになるのです。

温水、冷水が出るのはもはや当たり前でして、衛生面を保つための努力や電気代を安くするための性能を改善するなど日々進化しているのです。

たまにウォーターサーバーを買取するタイプのがあるのですが、日々進化しているところを見ると早まって飼わないほうが良いと考えています。

ウォーターサーバーをレンタルしているのはそういう側面のメリットもあるんですよ。一定のレベルまで機能があがってきたら無料で最新のものに変更してくれるというのは結構当たり前のサービスになってくるはずですからね。

COPYRIGHT© 一人暮らしの水消費量から最適なウォーターサーバーを選ぶ ALL RIGHTS RESERVED.